Coffee Shop

カナダのカフェで働いてみたいと思いませんか?

ワーキングホリデーでカナダに来たからには、英語環境の職場で働き、英語の上達や日本とは
また違った職場環境を経験してみたいですよね。

カフェで働くのは、英語を使えるいいチャンスです。とくにカナダは移民大国ですので、色々な人種の
人達と働く事が出来るいい機会です。

今回はカナダのスターバックスで働いた方の体験談!

カナダにワーキングホリデーで滞在し、スターバックスで数カ月働いたYayoiさんに応募の仕方から実際
に働いてみてどうだったかなど根掘り葉掘り聞いちゃいました。

応募した動機は?

もともとカフェで働いてみたいと思っていました。
最初はチェーン店ではないところを探していたがなかなか見つからず、就職支援サイト
(indeed、kijiji等)で応募先を探していた際に
スタバのhiring event を見つけ、応募しました。

応募の仕方は?

Hiring sign
kijijiで見つけたhirng eventに参加しました。
City Of Calgary Youth Employment Centreという場所に記載されていた日時に行き始めは
もう締め切ったと伝えられたが、レジュメの作成をその場で手伝ってもらいそのスタッフの
ご厚意でイベントに参加する事が出来ました。

面接ではどんな事を聞かれるの?

Job interview
いろいろな店舗のマネージャー(恐らく)が10人ほどおり、それぞれ個別の部屋に散り1対1で面接をしました。
自己紹介をし、軽く雑談も交えながらの面接でした。
質問は以下のような感じでした(記憶が曖昧ですみません…)
  • どのような形式で働きたいか(フルタイムかパートタイムか)
  • スターバックスに応募した理由
  • どのドリンクが1番好きか
  • 日本のスタバでは働いたことがあるか
  • 飲食店などでの経験はあるか
  • 日本の飲食店で働いていた時はどんな感じだったか、何を頑張っていたか
  • スタバで働けたらどんなふうに働きたいか
  • スターバックスではチームワークを大事にしているが、もし自分が入ったら、チームワークを円滑に進めるためにどのように働くか
  • もし自分1人しかいない時にお客さんが一方では注文待ちをしており、一方ではドリンクが間違いだとクレームを言ってきて、さらに自分はドリンクを作らなければならないような大変な時、自分ならどうするか(自分ならこの順序で対応すると答えたあと、他の人を呼んでいいんだよ、さっき言ったチームワークだからねと教えてくれました。)

採用までの流れはどんな感じ?

面接してくれたマネージャーが少し席を外し、書類を持ってその場で採用と伝えてくれました。
どの店舗で働きたいかそのタイミングで伝え、後日希望した店舗のマネージャーから連絡が来る
ため、それまでにオンラインの登録を済ませておくよう言われました。

その1、2週間後にエリアマネージャーからメールが届き、その後ストアマネージャーからメール
そして最初の出勤日が決まりました。

英語レベルは?

Barista

私の場合は、日常会話はたまにわからないこともありますが、ほぼ大丈夫でした。

わからない単語も多かったですが、会話の流れから推測し、今言ったのはこう言うことだよね?
と聞き返し確認しながら意思疎通が取れました。

仕事上の指示はほぼ理解でき、早口で言われたりするとたまに勘違いをする事もありましたが、もう一
度説明して貰えば理解できました。

働いてみて苦労した事は?

お客さんとの雑談、同僚たちとの雑談になると一気に英語がわからなくなったところ。
会話にうまく参加できず寂しい時がありました。

働いて得たものは?

Barista

私の店舗のパートナーたちはちょっとしたことでもよくできたね!覚えが早いね!とすぐに
褒めてくれる人が多く、とても気持ちよく働くことができました。

日本で働いていた時は褒めてもらうなんてほとんどなかったためとても感動し、自分も今後
人をたくさん褒められるようになろうと意識を変えられました。

少しだけラテアートの練習もでき、たまにうまくできるようになりました!

ほぼ日本人がいない英語環境で、同僚はほぼネイティブ、お客さんは多様なアクセントを持つ
方々だったため、英語の聞き取りが少しよくなった気がします。

カフェで働きたいと考えている人へのアドバイス

こちらからうまく話せなくても、何を言われたか聞き取れれば働けます!

メニューも多く最初は大変かもしれませんが、1ヶ月もすれば覚えてきて慣れていきます。

お客さんの注文はメニューさえ頭に入れば聞き取れるので心配ありません!
笑顔で働いていればお客さんも同僚も気に入ってくれるので、わからなくてもとりあえず笑って
いましょう!(笑)

ワークパーミットなどを狙っている人は、スターバックスでは出してもらえないので注意が必要です。

まとめ

著者自身もスターバックスで働いた経験がありますが、英語のリスニング力は上がると思います。
そして、Yayoiさんからのアドバイスにもあるように、メニューを覚えてしまえば、お客さんが
すごい難しいカスタマイズ ドリンクを頼まない限りは分かるようになります。(笑)

職場も色々な国からの移民の方もいますし、カナダでも住んでいる地域によりますが、私がウィスラー
のスターバックスで働いていた時は、同僚が南アフリカ、オーストラリア、ドイツ、カナダ、メキシコ
イギリスと違った訛りの英語を話すので、慣れない訛りで聞き取れない事もありましたが、気さくに
話しかけてくれ、仲良くなって一緒にアウトドアを楽しんだりと、英語を母国語としている人達との
交流が増えました。

少しでもカナダのカフェで働いてみたいと考えている方達の参考になれば嬉しいです。