Vancouver

バンクーバーの生活ってどうなんだろう?って思いませんか?

留学、ワーキングホリデー、仕事などでバンクーバーでの海外生活を考えている方は
住みやすさ、交通の便、生活費など、色々気になりますよね。

今回は、バンクーバーで1年間生活された方の体験談です。

バンクーバーに住んでみて

2015年に1年間、バンクーバーに住んでいました。

バンクーバーは小さな街です。しかし必要なものは、ほとんんどダウンタウンで購入できました。
日本人も多く住んでいるので、携帯のレンタルや日本人がいる銀行などが揃っております。日本食も
多く、不便に感じたことはありませんでした。

語学学校や大学などの教育機関も多いので、勉強したくなったら、多くのジャンルから選ぶことが
できます。レストランも多かったので、休日にはなるべく外食して、グルメを楽しみました。

すぐ近くには山もあり、都会と自然がバランスよく整っている都市だと思います。

メリット

メリットは何でも揃っており、欲しいものがすぐに見つかるところです。交通機関も充実しており、移動も便利でした。

デメリット

デメリットとしては、ホームレスや薬物中毒者などが多く、夜になると治安の悪さと感じたことが
あります。

休日には多くのお店が閉まっているので、ちょっと出かけるにも確認が必要でした。日本では、閉店
時間を気にすることがなかったので、日曜日の17時にデパートが閉店するなど、デメリットを感じました。

居住

居住は、シェアハウスに住んでいました。日本人と住んでおり、自分の部屋がありました。
家賃は、ネットや光熱費などすべて込みで600カナダドルでした。

生活費

ダウンタウンに住んでいたので、交通費はほとんどかかりませんでした。

食費は日本円では2万から3万程度でした。野菜などはすべて重さで購入できるので、必要な分のみ購入
できます。なので、食費は日本とほとんど変わりませんでした。

交際費は、レストランなどが高めです。ちょっとハンバーガーなどを食べても、税金などを含めたら
15ドル以上しました。チップなどもあるので、外食が多いと3万円くらいはすぐに使ってしまいます。

外食

マクドナルドなどのファーストフードでも、セットで購入すると10ドル程度します。レストランでは、カジュアルなレストランでも一人当たり20ドルくらいは必要です。フードコートでは、10ドル以下のメニューが多く、安く食べることができます。

エンターテイメント

エンターテイメントはとても多いです。

ディズニーオンアイスや、有名ミュージシャンのコンサートは、必ずバンクーバーが含まれます。
ショーや映画のイベントなどもあります。

特に夏になると、毎週のようにいろんなイベントが開催されているので、楽しみがいっぱいです。
冬はホッケー一色になります。カナックスの試合を観るのが冬のバンクーバーの楽しみです。

ダウンタウンの真ん中に、スケートリンクもオープンします。仕事や学校の帰りに寄って、気軽に滑る
ことができて、冬にも楽しみがたくさんありました。

バンクーバー留学 関連記事

【留学エージェント】カナダに留学するのなら!カナダジャーナルに決まり!
woman with canada flag
留学エージェント、カナダジャーナルはバンクーバーにオフィスがある
現地エージェントです!
現地エージェントならではのサポートとサービスを紹介!
【カナダ留学体験談】バンクーバーに9カ月間語学留学!
Class room
バンクーバーで半年間留学した方の語学留学体験談です。
バンクーバーの住み心地、留学費用、語学学校の決め手など、参考になる事がいっぱいです!