Vancouver

学校の夏休みを利用しての語学留学はどうでしょう?

1カ月から2カ月の夏休みを利用して、海外での生活を体験し、語学学校で他の国のクラスメイトと
一緒に英語の授業を受けるというのは、日本ではなかなか経験できない事ですし、貴重な体験です。

今回の留学体験談は
夏休みの6週間を利用して語学学校で勉強された方のお話です

期間

私が留学していた年度は2011年の夏休み期間約6週間です。

バンクーバーの印象

通っていた学校が、バンクーバーの中心地にあったため買い物、レストラン
交通の便は非常によかったです。
チャイナタウンやアジア圏の人が多く、差別もなかったので住みやすい印象を受けました。
また、近くに図書館や映画館などもあり、夜遅くに一人で歩くまたはバスや電車に乗っても大丈夫で
安全な街だと思います。ですが、観光地でもあるため物価は少し高めな印象でした。
学生時代に留学したこともあり、決して贅沢はできませんでした。

ホームステイ

滞在はホームステイでカナダ人の両親に子供2名いる家庭でした。
今回は私のみだったようで、ルームメイトは特にいませんでした。

エージェント

入学申請はECCの留学センターを通して申請しました。

メリット

留学センターを利用するメリットは、空港からホームステイ先までの送迎や、
ホームステイ先の決定及び語学学校とのやりとりなどを全てECCが行ってくれた為、勉強以外に
事前準備をすることもなく自分の語学勉強に集中できました。

実際にホームステイ先と学校の距離や交通手段は重要だと思います。
何も知らない為自分で行うよりは業者を通す方が立地や現地情報などが豊富なため安心できると思います。

デメリット

デメリットとしては、その分費用が高額で、ホームステイ及び語学学校の費用だけで
約70万円ほどかかりました。

語学学校/選んだ理由

バンクーバーにあるEurocenterという語学学校に通いました。

私がEurocenterを選んだ理由としては、各国から入学する生徒数が限られていて
日本人が比較的に少なく、国際色豊かだったからです。

教師もフィリピン人などは採用せず英語圏のネイティブスピーカーしかいないため、発音や
指導の仕方が上手でした。有名な語学学校ですと日本人がどうしても多くなってしまうため
学校内でも日本語で話したり、放課後に日本人グループだけで行動してしまうことが多いと
言われました。

私は6週間集中して英語を学びたかったので、日本語使用禁止のこの学校をあえて選びました。

入学テストの結果、私はトップクラスに入れました。
このクラスには15人中日本人は私一人だけでしたが、他のクラスには日本人が3名くらいいました。
その為英語環境としては、私にとっては最高で、毎日勉強についていくのが精いっぱいでした。

平日は朝から午後5時までずっと英語だけの生活でしたし、クラスで昼食を取ったり放課後もクラス
メートと映画を見に行ったりと一日自由英語漬けの毎日でした。その結果自分でも驚くくらい語彙
力もリスニング力も上がりトイックが200点以上伸びました。

カナダで語学留学を検討している方にはお勧めの学校だと思います。