home stay - dinner

留学先でのホームステイ。どんな生活が待っているんだろう?

どんな家族なのか、生活習慣の違いとか大丈夫かな?とか最初は不安になりますよね。

私はカナダに行く前にニュージーランドで半年間ホームステイを経験し、カナダでは1カ月間ホームステ
イをした経験があります。

ニュージーランドの時はホストファーザー、マザー、その息子ファミリーに犬2匹、猫1匹、他の留学
生2人といつも賑やかで、本当の家族のように接してもらいました。
日本に帰ってからもクリスマスカードのやり取りを続けていました。

カナダの時は仕事を退職した、ホストマザーともう一人の留学生の3人で少し静かな感じでしたが
よく一緒にテレビを見て、英語を教えてもらいました。

今回はホームステイを充実したものにする為に
知っておきたい事を紹介します

ホストファミリーを尊重する

ホームステイの家族は本当の家族として接してくれます。自分の家のようにくつろぐのは
いいと思います。しかし、家族でもお互いを尊重する事を忘れてはいけないです。
自分の部屋は整理整頓しておくとかシャワーを使った後も、次の人が快適に使えるようにして
おくとか、夕食は外で食べて帰る際には早めに連絡するとか、家の中でのルールがあれば、それを尊重しましょう。

著者の体験談

このトピックとは全く関係ないのですが…。

ニュージーランドでは、お湯はタンクを使用しているので、全てのお湯はそのタンクから供給されます。
お湯のタンクが空になると水になってしまいます。
私がホームステイをしていた家は大家族だったので、バスルームも多く、みんな好きな時間にシャワーを
浴びるので、お湯が水になっていく事が数回あり、寒い思いをした事があります(笑)

こんな体験も今となっては懐かしい笑える思い出です。日本ではありえないですからね。

コミュニケーション

Communication

家の中の事、学校での事など、何か質問があったら、積極的に自分から話して、コミュニケーション
をとるようにしていくと、お互いを理解する事が出来ます。

特に夕食の時などはホストマザーが料理をしていたら”何か手伝いましょうか?”と声をかけてみるとか
積極的にお家の手伝いなどをして会話をするようにすると英語のリスニング、スピーキングがあがります!

とは言ってもなかなか最初は積極的に自分から英語でホストファミリーに話しかけるのはちょっと…。
って思ってしまいますよね。特に初めての国で委縮してしまうというのはよくわかります。

せっかく留学して語学を勉強出来る機会があるのですから逃してはいけないと思います。
自分の殻を破って恥など捨てて、文法など気にせず、最初は単語、単語でもいいと思います。
理解してもらう事が第一歩です!

著者の体験談

ニュージーランドの時の話ですが

私は英語が全く出来なかったので、最初は本当にホストファミリーが何を言ってるのか分からなくて
どうしよう?って思っていたのですが、ホストマザーは私が理解するまで辛抱強く何度も説明してくれました。
私が何かを伝えたい時も理解しようとしてくれました。それに助けられました。

恥ずかしいとか伝えたい事が伝わらなかったどうしよう?とかあった自分の殻から抜け出せました。
それからは、今日あった出来事を伝えたい!どうにかして伝えよう!という前向きな気持ちになりました。
そして、なんとなく会話が出来るようになった時はすごく嬉しくて、お互いの距離が縮まったように感じました。

文化の違いを理解する

カナダは移民の国です。ホームステイ先の家族も、他の国からの移民だったり、自身はカナダで育った
けど元々は他の国からの移民してきたというのは多いです。

私のカナダでのホストマザーも小さい頃に両親と一緒にドイツから移民してきたと聞きました。
なので、時々ドイツ料理なども夕食であったりしました。
逆に私が日本の料理を作った事もありました。結構喜んで食べてくれたりして、お互いの
文化、料理を理解するいい経験でした。
食事もホームステイ先によっては様々だと思うので、色々な料理を楽しめるというのも
カナダでのホームステイならではかもしれません。

家族のイベントに参加する

Hiking

週末にホストファミリーがどこかに連れて行ってくれたり、映画を観に行くけど一緒にどう?など
誘ってもらったら、積極的に参加するようにしましょう。
色々なカナダでの経験、体験を出来るチャンスですし、ファミリーとの距離も縮まります。

著者の体験談

ホストマザーのお友達のクリスマスパーティーに参加させてもらったり、食事に連れてって
もらったり、ショッピングに一緒に行ったり、初めてカジノにも連れてってもらいました。
カナダの生活面での事を多く教えてもらえ、自分でカナダで独り立ちして、生活していく前の練習が出来
とても貴重な体験でした。

ぜひ、ホームステイを楽しんでカナダ生活を有意義なものにして下さい。