Old Montreal

成田国際空港から直行便でモントリオールはどうですか?

エアカナダから直行便が運行されるようになり、前までは乗り換えが必要だったのですが、日本からの
アクセスが便利になりました。

私自身、何度かモントリオールは訪れているのですが、毎回訪れるたびに、カナダの中でも全く違う
ヨーロッパ調の町の雰囲気、多くの歴史的建造物に魅了されます。

今回は筆者自身が滞在で体験して感じた事
日本人留学生に聞いたモントリオールを留学先に選んだ理由を紹介

モントリオール滞在で感じた事

フランス語は大事

Montreal sign

私の率直な思いです。

モントリオールに住んでいる方達は大体、英語とフランス語が流暢に話せるので、聞けば
英語で答えてくれますが、道路標識、看板等は全てフランス語で書かれています。

駐車していい時間帯、曜日とか、地下鉄の切符の買い方などはフランス語で書かれているので
理解するのに時間がかかりました。あと、地下鉄でのアナウンスもフランス語でした。

地下鉄に乗って出発を待っていたら、アナウンスが流れ、乗車している人達が次々に降りて行くので
何かあったんだなと思ったらどこかで火災が発生していたらしく、外に出たら消防車と警察の車が
いっぱいいてビックリしました。

そんな事もあり、フランス語に全く面識のない私にとっては、緊急時に困るなと思いました。

事前の地域情報は必要

これは、どこの都市に留学する時も一緒ですが、どの都市でも、地域によって避けた方がよい
場所があります。その辺の事前の情報収集も必要だと思いました。

私が宿泊したホテルの近くは大学もあり治安がいいのかと思いきや、地下鉄の駅をすぐ出た所に
広場みたいな場所があり、朝にホテルに着いたのですが、多くのホームレスがいました。

昼間はその周辺を歩いても問題はないですが、夜の遅い時間に一人で出歩くのは、避けた方が
いいと感じました。

ホテル、シェアハウス、ホームステイなどで、値段が安いのには何かがあるとモントリオールで
お会いしたエージェントの方がおっしゃっていましたが本当にその通りです。(笑)

レストラン、カフェが多い

Montreal cafe

今回のモントリオール滞在でもっとも楽しみにしていたのはカフェ巡りです。

モントリオールはベーカリー類もペーストリー類も全て美味しくて行きたいお店リストを
書いていったくらいです (笑)

毎食、ご飯も何を食べようかと考えるくらい、色々なチョイスがあって迷ってしまうくらいでした。

そして、ラーメン屋さんも何軒かダウンタウンにあり、1件行ってみましたが豚骨ベースの
美味しいラーメンでした。

居酒屋などの日本食を食べれる場所も多いようです。
やはり、留学をしていると日本食を食べたくなる時はあると思うので、その辺は安心です。

モントリオールの人達は親切

モントリオールの語学学校では日本語のクラスもあるくらい、地元の人はアート
建造物、アニメ、漫画などの日本の文化に興味を持っていて、日本を訪れてみたい
と思っている人達は多いようです。

私が携帯マップを見ながら町を歩いていると、親切に声を掛けてくれたり、場所がわからなくて
信号待ちをしている人に声を掛けても、嫌な顔をせずに教えてくれました。

あと、カフェやレストランで店員さんにフランス語で話しかけられ、言葉に詰まっていると
笑顔で英語に切り替えてくれるのは優しいなと思いました。

日本人留学生がモントリオールを留学先に選んだ理由

日本人(アジア系)は他の都市に比べて少ない

複数の留学されている生徒さんが留学先に選んだ理由の一つでもあるそうです。

いくつかの語学学校を見学に行き、学校の規模にもよりますが、1クラスの最大人数が
16人の学校では、クラスに4名くらい、最大8人の学校は2人などクラスの人数に対して
日本人は少ないようでしたが、とくに南米の方達が多いように感じました。

毎年、夏は比較的、日本人の割合は多くなるようです。

私も町を歩いていて思った事ですが、トロント、バンクーバーなどの都市から比べると
アジア系の人達は少ない気がしました。

モントリオールの大学は英語とフランス語の授業を行っている所もありますが、フランス語のみでの
授業を行っている大学も多く、ヨーロッパからの留学生も多いと聞きました。

そういう面では、モントリオールを留学先に選ぶ1つのポイントかもしれませんね。

歴史的建造物が多い

Montreal old building

歴史的背景からヨーロッパ調の建物が多く、カナダの中でも違った印象を受ける都市が
モントリオールです。

留学生の中でも異文化に触れてみたい、そして歴史に興味があり、建造物に興味があってモントリ
オールを選んだと言う方もいました。

実際、その方は2カ月の滞在で、ケベック市の方にも出かけ、建造物を見学したり、モントリオールを
散策するだけでも楽しくて、来てよかったと言ってました。

フランス語留学

いくつかの語学学校に見学に行って、複数の日本人留学生と話をする機会があったのですが
フランス語留学している方が思った以上に多くて驚きました。

大学でフランス語を専攻している、英語は中級レベルくらいなので新しい言語を習いたいと
思ってフランス語を学びに来ましたが、かと言ってフランス語だけだと、分からないかも
しれないという不安があったので、英語も通じるモントリオールを選んだって方もいました。

語学学校によってはフランス語と英語を同時に学べるコースもあったりします。

長期滞在を考えている人は一度訪れてみる

Monteral street

これは、滞在中にエージェントの方とお会いした時にその方がおっしゃられてた事ですが
モントリオールはカナダの中でも特殊な都市ですので、もし1年などの長期での留学を
考えている人には1度モントリオールに行って、2週間くらい滞在して町を歩いてみたり
語学学校、大学などの見学に行くなど、雰囲気に触れるというのはとても大切な事です。と
アドバイスをしてるそうです。

私は、数回モントリオールには訪れているのですが、毎回ツアーで観光場所を巡るくらいで
町を自分の足で歩いた事がありませんでした。

今回の滞在で、自分でバス、地下鉄に乗り、目的地まで行く、ダウンタウンを散策してみる
目に留まったカフェ、レストランに入ってみるなど、とてもいい経験でした。

少しでもモントリオール留学を考えている皆さんの参考になればと思います。