Hello

あなたは学校の英語の授業での一番最初に習ったフレーズ覚えていますか?

私は今でも中学校1年生の時の一番最初に習った文章をおぼえています。(笑)

『How do you do?』

これって、実際カナダで暮らしていて、聞いたのは1回だけです。従妹が日本から遊びに来ていて
従妹から「大家さんに挨拶する時はHow do you do?でいいの?」って聞かれて
私は「カナダでその挨拶の仕方聞いた事がないよ」って言ったら、大家さんが従妹に挨拶してくれて
「How do you do?」って言ったのを聞いて、嘘でしょ!?(笑)
と思いましたが、後にも先にもそれが最初で最後のHow do you do?を聞いた時でした。

カナダでは知り合いではなくても、スーパーのレジの定員さんとか、カフェで注文する時
または、レストランのウェイターさんとかと軽く挨拶をしたり、会話を交わしたりもします。

そこで、今回は英語での挨拶、その返答の仕方を紹介します。

How are you?

Hello

How are you?:元気ですか?

始めて会う人、顔見知りではない人でも、知っている人でもフォーマルで誰にでも使えるフレーズです。
これは、一番聞いたり、言ったりします。

返答の仕方:
”I’m good thanks. How are you?”
“I’m fine thanks. How about you?”

相手からHow are you?と聞かれた場合は、返答の後に、聞き返します。

How are you doing?

How are you doing?

How are you doing?:元気?とか調子はどう?といったニュアンスですかね。

このフレーズもHow are you?と同じく、顔見知りではない人(カフェの店員、スーパーのレジの人)とか
もちろん知り合いの人にも使えます。

返答の仕方:
”I’m good. And you?”
”I’m pretty good. You?” など

電話で話す場合でも、初めて電話を掛ける相手でも知り合いでも”Hello, How are you?”
という会話から始まる事が多いです。

How’s it going?


How's it going?

How’s it going?:調子はどう?最近どう?

このフレーズはカジュアルなので、友達とかよく知っている人達に使う事が多いです。

返答の仕方:
”Awesome!”
”It’s going great!” など

物凄くカジュアルなフレーズで ”What’s up?” というのもあります。
使うときに注意してもらいたいのは、本当に仲の良い友達とか、よく知っている人達のみに使います。

返答の仕方:”Not much, how about you?”

How have you been?/How’s everything?

How have you been?

How have you been?/How’s everything?:最近どうしてた?/調子はどう?

このフレーズは久しぶりに会った、友人、知り合い、同僚など、よく知っている人達に使います。

短い返答:
”Good!”
”Great!”
”Not bad”
”As usual”など

長い返答:
”I’ve been traveling quite a bit”
”I’ve been busy working. How about you?など

私は最初はなかなかフレーズが出てこなかったのですが、常に意識して言うようにしてたら
だんだんと自然と言えるようになりました。

挨拶のフレーズは色々ありますが、色々な場面で使ってみて下さい!

英語 関連記事

英語上達への道!小さな努力の積み重ねです!
English
英語上達に大いに役立つアプリ紹介!
私が海外に行く前にこんな商品があったらな!と本音で思いました。
海外旅行で不自由なく英語で会話が出来るようになりたい方!ワーキングホリデー
に行く前に少しでも英語の勉強したい方!など、英会話力を上げたい方!確実に成果が出ます!
完璧な英語の発音をマスター!発音が上手い方の練習方法とは!?
Speech icon
留学、旅行、海外での会議など、英語を使う機会は年々増えていきます。
流暢に英語を話してみたいと思いませんか?
正しい英語発音を身に付けたいと思いませんか?
そんな方にとっておきの教材紹介です!