Vancouver

バンクーバーを留学先に選ぶ10の理由

1. 気候

バンクーバーはカナダの都市で唯一氷点下にならず、雪もあまり降らない地域です。
他の都市と比べると冬はとても過ごしやすいです。夏も気温がそんなに上がらず平均22度と
快適に過ごせますし、晴れる日も多くなります。

2. 健康保険

何かあった時の為にも健康保険は必ず入っておく必要があります。

バンクーバーで短大や大学に通っていている場合/学生ビザ保持者は
BC州の保険:Medical Service Plan(MSP)に加入する義務があります。
加入すると、病院のコスト、検査、治療などを保険で負担してくれます。

3. 交通機関

Sky train- Vancouver
バス、電車、シーバス、アクアバスと全ての交通機関がバンクーバー周辺を網羅しているので
気軽に移動でき、車がなくても生活には困りません。

学生にはU-Pass BCというパスがあり、公立の大学、短大がMetro Vancouver 地域内に
ある生徒対象になりますがパスが授業料に含まれています。

4. 教育基準が定められている

British Columbia 州では”Education Quality Assurance(EQA)”というものがあり
これはBC州政府の指示によるものでスタンダードの教育基準を保つために実施されています。

政府が定めた規定基準を大学、短大、語学学校などの教育機関は保つ必要があります。
これによって、留学生たちは母国から学校を選び易くなったというのもあるようです。

5. 就職オプション

大企業がバンクーバーにオフィスを構えている事も多く、色々な職種があり幅も広いので
専門学校、短大、大学を出たあとの就職先も見つかりやすいです。

6. アクティビティー

海のスポーツ(ウィンドサーフィン、カヤック、セイリング)山のスポーツ(バイキング、ハイキング
クライミング、スキー、スノーボード)と両方を楽しめる唯一の都市がバンクーバーです。

Kayaking

7. ショッピング

Robson Street:ロブソンストリートはバンクバーで栄えている道で
色々な有名なお店が立ち並んでいます。ダウンタウンには大きいモールもいくつもあり
買い物するには最適です。

Granville Island Public Marketでは新鮮な野菜や魚などを買うことも出来ますし
ベーカリー、カフェ、アクセサリーや小物を売っているお店があったりと観てみるだけでも楽しいです。
Granville Island

8. Vancouver International Airport バンクーバー国際空港

世界的に有名な空港ですが、ただ遊びに行くだけでも楽しい空港なんです。

空港内無料ツアーがあり、空港内にある建築物の説明やバンクーバーの歴史など
色々な知識を得られます。

空港近くにアウトレットショッピングセンターがあり、全ての物がここで揃います。
フライトまで時間があれば気分転換に行ってみるのもいいですし
バンクーバーに住んでいる人でも、ちょっと空港まで足をのばしてみるのもいいですよね。

9. Stanley Park スタンレー パーク


Stanley Park
自然が400ヘクタールもあるスタンレーパーク。

自転車を借りて防潮堤をサイクリングするのもよし、ゆっくり森林の中を散歩するのもよし
車でスタンレーパークをドライブするのもよし。

山と高層ビルに海の景色を存分に楽しめますし、スタンレーパーク内には水族館もあり
アシカショーをやってたりしていて、公園内だけで1日遊ぶ事ができます。

10. 日本文化

カナダは移民の国で多くの日本人がバンクーバーに移住して来ました。
そんな歴史的背景から日本庭園をバンクーバーで楽しめたり、桜の木も多くあり
日本を思いださせてくれる都市です。
Cherry blossoms

バンクーバー留学関連記事
【留学エージェント】カナダに留学するのなら!カナダジャーナルに決まり!
woman with canada flag
留学エージェント。
カナダジャーナルはバンクーバーにオフィスがある現地エージェントです!
現地エージェントならではのサポートとサービスを紹介!
【カナダ高校留学】バンクーバーの近郊の高校に留学
Vancouver
バンクーバー近郊の町、バーナビー地区の高校紹介。
学費、ホームステイ、手続きの仕方など必要な情報が満載です。
【カナダ大学留学】ブリティッシュ コロンビア州の学部別 留学生大学費用
Vancouver skyline
 

ブリティッシュ コロンビア州の大学の学部別平均授業料の紹介です。